シグナスXの記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/06

通勤快速仕様のYMT(ヤマハモーター台湾)シグナスXフルパワー仕様
台湾レーシングパーツで武装してる大人げない仕様

通勤に使用している為にタイヤパーツ他の消耗品の消費が激しい。

某バイク店でのタイヤ代+脱着工賃+廃タイヤ処理代金 計15000円オーバー!

家庭の負担を減らすべくDYIで交換開始!
タイヤ代5800円+送料代金800円  計6600円なり。

値段と性能とのバランスで今回選択したのはこのタイヤ!↓



DURO


ホンダ・ヤマハ・スズキなどの一部のバイクの純正指定タイヤとして認定され、新車出荷時に取り付けられているタイヤのメーカーがDUROです。

日本では、バイクレースは下火になってきてしまっていますが、「今」バイクのレースが盛んな台湾のタイヤメーカーです。


見た目だけのタイヤが多い中、良質のゴムを使い、ダンロップと技術提携し、高性能なタイヤを供給しているDUROタイヤを日本にも広めたい!私たちはそう思い、メーカーにも協力して頂き、このようなお値段でお届けすることに成功しています。


他のメーカーのタイヤに比べて、金額的には安いお値段かもしれません。しかしそれは、決して性能の差ではありません。


その証拠にダンロップが販売しているSCOOT LINE SX01はDUROの工場が生産を請け負っています。


ぜひDUROの高性能タイヤを試してみてください



サイズ:120/70-12 タイヤパターン:DM1017
ロードインデックス:56M チューブレスタイヤ 

サイズ:130/70-12 タイヤパターン:HF1001
ロードインデックス:59J チューブレスタイヤ

上記二本のセットです。5800円
DSC_0319.jpg

現在使用している「KENDA]タイヤはグリップ力が乏しいタイヤで雨降りの日はヤバ過ぎ。
DSC_0321.jpg

チューブレスタイヤのビート落とし。アストロプロダクツ製。
DSC_0323.jpg

レバー使用時はホイールのキズに注意して脱着。
DSC_0324.jpg

最後はキズが付かない様にゴムハンマーでコンコンと♪
DSC_0325.jpg

以前にムシバルブからの空気漏れで危険な目にあってるのでタイヤ交換時は毎回交換!
小さな部品ですが重要なパーツです。

左側に工具は減圧する為のバルブ回しとバルブ圧入工具  右側はバルブをカットで使用する為のハサミ。
DSC_0322.jpg

ビートワックスでリムを上がりやすく。
DSC_0328.jpg

曲がりやすいディスクローターに気を付けてNEWタイヤを取り付け&空気の充填。

*原付サイズのタイヤはリムが上がりやすいですが、サイズが大きくなるに程にコンプレッサーが必要になります。
 ガソリンスタンド等でも充填OKです!
DSC_0329.jpg

リアタイヤも交換完了!
DSC_0332.jpg

フロントホイールは油圧、ディスクローターに気を付けながら装着。
リアホイールはサスペンション&駆動部品の締め付けトルクを気を付けながら取り付け。
DSC_0335.jpg

仕上げはオススメの「モチュール スクーターパワー」で仕上げで完了!
DSC_0336.jpg

走行インプレッションはダンロップが技術提供してるだけあって素直な印象。
粗悪な中国製のタイヤとは違う様に思えます。お値段以上の性能に満足で◎です!



スポンサーサイト
topへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。